アルキンの命名法 炭素数2個のエチンアセチレン

アルキンの命名法 炭素数2個のエチンアセチレン。単語を並べただけなので、あっているもクソもありません。アルケン 鎖式飽和炭化水素 二重結合 分子式CnH2n 炭素数2個のエテンエチレン エテン常温で気体

アルキン 鎖式不飽和炭化水素 3重結合 炭素数2個のエチンアセチレン エチン常温で気体

であって Taro。二重結合を作るためには,アルカンから水素原子2個を取り除き,新たな結合を
作らなけれアルケンの名前は,同じ炭素数のアルカンの名前の語尾を- に
変える。てアセチレンに水素を作用させると,エチレンを経てエタンとなる。化学多重結合の特徴。多重結合の特徴について,炭素数 個と水素で構成される炭化水素エタン,
エチレン,アセチレンを例に紹介する。 エタン は, 混成軌道の
炭素原子による単結合の分子, エチレンエテン。 は, 混成軌道の

アルキンの命名法。その際,置換基の位置番号より三重結合の位置番号より優先する例。-メチル-
-ペンチン,参照。[用語解説>優先炭素数 のアルキンはエチンとは呼ばず
に,従来からの慣用名であるアセチレンが用いられるボタン慣用名.

単語を並べただけなので、あっているもクソもありません。判断のしようがありません。たとえば、「アルキン=鎖式不飽和炭化水素」が正しいかと言われれば、そうとは言い切れませんし、「アルケン=鎖式飽和炭化水素」は大間違いです。どういう意図で単語を並べているのかわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です