社会公安調査庁 いうオカルトな死刑廃止の主張まこやか通用

社会公安調査庁 いうオカルトな死刑廃止の主張まこやか通用。キリスト教を信じていない世間一般の人は肉の死、肉体の死=すべて終わりという認識なので質問者さまのように理不尽に思うのです。神様いうのいるならば、
ほど理不尽で残酷な存在ない思 て心優い人いて
働きなら、ボランティア活動
少で困った人の役立う努力されていた知り合いい
、わずか32歳で幼い子妻残て、世去り
まさかの心不全だそう

一方で、人酷いこて傷つけ殺たりて、
運悪く死ぬこなく生きて、度悪さ繰り返
人傷つけ続ける者いる

神いるならば
なぜ悪人の命奪わず、善人の命奪ったのでょうか

死刑廃止世界の潮流だなど言われて、
実際キリスト教の潮流

だこそ、
「人人裁いて命奪うのおかい 神裁くの 」
いうオカルトな死刑廃止の主張、まこやか通用たります

ならば、人裁き命奪う役割持つ神なるの、
なぜ、善人裁き命奪い
悪人裁かず生か続けるのでょうか

神正く裁かぬのでば
人間社会の問題、
人間人間裁く以外道ない割り切るかないので

キリスト教信仰する方、の意見ついてよう思われ 社会公安調査庁。もはや「売国」とも言える安倍政権の対米従属ぶりが如実に表れています。
翁長知事は。県職員の国籍条項を廃止し。韓国人や中国人でも職員になれるよう
にした沖縄の言うように。米軍基地を減らしてみたらよいのでは?低脳が多
すぎだから定期的に書くけど。強盗殺人は無期か死刑の択な!させたりし
ます。

死刑制度をめぐる日本の議論:世論は8割が死刑容認。死刑廃止は世界の潮流と言われるが。日本は主要先進国で死刑制度を維持する
数少ない国の一つだ。内閣府の最新の世論調査では。死刑を容認する人が%
と依然高水準で。廃止を求める人は%にとどまっている。らくりんバンバン。同じ教区内で。前回の岡崎と対応がこんなにも違う事に驚きを感じています。
講師の立場で。参加者を「入れたり」「排除したり」があったらおかしいでが
オフラインで仲直りして。それをここに報告すれば済む問題だと思いますか?
昔。「かたつむり通信」という死刑廃止運動の機関紙をとっていましたがその中

キリスト教を信じていない世間一般の人は肉の死、肉体の死=すべて終わりという認識なので質問者さまのように理不尽に思うのです。キリスト教を信じている人は肉体が死んだ後も霊魂は永遠に生きる事をしっています。肉体は、いづれ朽ち果てる物なのでそれほど重要ではありません。霊魂を成長させる家という意味では重要イエス様やイエス様の弟子の生涯を見て下さい。イエス様もほとんどの弟子達も処刑など残酷で酷い殉教をしています。御子も神様に一番祝福されるべき人もそのように死んでいるのです。でもどうですか?イエス様は、父なる神様の右の御座へ弟子たちもユダ以外、いまも神様の一番近くにいるでしょう。そしてイエス様を裏切ったユダや処刑したサンヘドリンの人々は、永遠の地獄に行っているでしょう。さらに、イエス様やパウロは死人を生き返らせましたが霊魂が地獄に行ってしまえば、そこから抜け出せません。そのことからも、肉体の死が重要なのではなく霊魂の生死が重要なのです。神様は公平公正な方です。その人の行いにちゃんと報います。悪人が長生きしても、死んだ後永遠の地獄なのですから何も問題ありません。永遠に比べれば一瞬でしかない肉体をもった人生の間に悪い事をしただけなのに永遠の地獄に行くのです。それを思えば、悪人が可哀そうなくらいです。次に質問者さまは悪人の命を奪わず善人の命を奪ったのかと仰いますが、人間が考える罪よりも神様が考える罪はもっとシビアです。この世には善人など一人もいません。この世がこの様に理不尽な世界になっているのと大いに関係があります。ローマ人への手紙3章10節~「正しいものはいない。一人もいない。悟る者もなく、神を探し求める者もいない。皆迷い、だれもかれも役に立たないものとなった。善を行う者はいない。ただの一人もいない。彼らののどは開いた墓のようであり、彼らは舌で人を欺き、その唇には蝮の毒がある。口には呪いと苦みで満ち、足は血を流すのに速く、その道には破壊と悲惨がある。彼らは平和の道を知らない。彼らの目には神への畏れがない。」神様を信じていない事自体が罪です。この世の中にキリスト教の神様を信じ愛している人がどれだけいるでしょうか?神様を信じ愛していないのに、神様から愛され祝福を受けられるわけがありません。我々人類が神様を無視しつづけたら、神様も人類を放置するのは当たり前です。散々無視して、苦しくなったり困ったらどうして神様は助けないんだ?酷い!というのは高慢以外の何ものでもありません。そもそもアダムとエバは自分から神様を離れサタンの堕落した世界で生きる事を選択したのです。それ以来、今日まで人類は神様を顧みようとしませんでした。サタンを愛しサタンの悪の法則が支配する世界で生きることを選んだのですからこのような理不尽な世界になるのは当然のことなのです。善の法則が支配する幸せで平和の世界にしたいのであれば人類は善と平和と喜びと希望の神であるキリスト教の神様を信じ愛さなければなりません。>神がいるならば なぜ悪人の命を奪わず、善人の命を奪ったのでしょうか。こういう問いを神義論的問いということがあります。この知恵袋の宗教カテでも昔から、どれだけ多くの人が似たようなことを問うてきたことか????結局、そういう疑問は知的に納得できる解決は得られないのです。なぜなら、聖書が示す「神」は、我々人間の思いを超えたお方だからです。我々が納得できる範囲での存在なら、絶対者などではありません。我々は相対的な存在だからです。その相対的な人間が、絶対者である「神」の意思を捉えこむことなどできるわけがありません。旧約聖書のヨブ記の最終盤を熟読してください。結局、神義論的問いというのは、ひとつ間違うと冒瀆になります。そうなる手前でやめるべきです。そのためには、我々人間はどうすべきでしょうか?聖霊のお働きを祈り求めるのみです。聖霊によって我々は、疑問に思うことはそのままにして「神」の存在を賛美できるものとされます。それは疑問が「解決」されるということではなく、いつしか「解消」されるということです。そう、創造主なる「神」が実在する、という事実だけで我々は喜び楽しむのです。「神」がおられなければこの世は虚無だからです。だから、「神がいるならば」というところですでに、質問者さんの心に感謝と歓喜がなければおかしいのです。それがあれば、「なぜ????」という問いは他人に訊かずともわかるはずです。人知を超えた神秘であると???。聖書にもイサク奉献の記事やウザ撃ちの記事など、理解しかねる箇所もあるでしょう。でも、「キリスト教を信仰する方」ではなく「聖書が示す神を信仰する方」は、聖霊による疑問の解消を経験するのです。私もそうです、ホントですよ!もしその人がキリストを否定しておらず、愛の中で生きたのなら、信者じゃなくても天国にいると思います。悪人は裁かれた瞬間に地獄への道が決まってしまいます。神様は全ての人に救われることを望みます。どれほどの悪人であろうと赦す方です。悪人に罰は与えます。しかし改心するチャンスを与えているのです。死ぬことを悪い事だと捉えているのがまず間違いなのだと思います。正しい人にとって、死ぬことは神様のもとへ行くことが決まった瞬間です。その人がその年に亡くなることが家族にとってもその人にとっても最善であったのかもしれません。その人がその一年後にキリストを否定する考えをもつなら、神様がその善人が地獄に行かないようにしたということになります。もしくはその後にストレスがたまり豹変してしまっていたかもしれない。こんなことをいうのは失礼極まりないと分かっていますが、神様の判断を、未来も見れない人間がああだこうだいうのはよくないと感じます。失敗したりして、良くないことになると思っていても結果として最善の結果になる経験は日常でもあることです。死刑制度についてですが、批判するだけの理由はもっていますが、わざわざ批判するのはまったく愛のない行動です。信仰に繋がらない意味の無い批判はするべきではありません。西洋の神キリスト教のとは権力者が自分のために作っただから強い者の見方なのです日本の神々は何もしません地獄は満員だから憎まれっ子は世にはばかる。天国は空いているから善人はすぐ死ぬ。OK?人間が裁くのは誤ることがあります。過去にも冤罪がありましたよね。実際にはもっとあったはずです。冤罪で死刑にされてしまった人はどうなりますか?人が人の命を奪うことには慎重になる必要があるのは確かだと思います。キリスト教でもそうですが、この世はしょせん仮の世界、嘘の世界だからです。それに「気づけ」というのがイエスキリストの教えですので、その本質である永遠の命に気づかなければ、善人といえども、地獄に行くわけです。人の命を奪い合うのも、なぜ神は許されているのかというのも、こうやって学習させているわけです。ですから、悪人といえども、実は心の底には善なる心があるのです。よいことをした人ならば、それはそれで、たとえ短い生涯でも、悪人よりも充実した人生といえるので、その方を思えばこそ、神を信じるべきではないかと思います。神がされることに過ちなど一つもありません。神の全ての壮大な計画など我々人間に分かるはずもありません。また、そもそもこの世が中心の世界観で物事を見るから早死にが可愛そうと思うのです。あの世から見たこの世は、いわば刑務所みたいなモノ。人間として出来が悪過ぎるから自分の思うままにならない不自由で理不尽だらけの刑務所に送り込まれる。各人の魂の修行の場として。酷い人生だったとしても神の心に近い生き方をすれば輪廻転生し、次の人生は今より恵まれた環境だし人の為にならない生き方をした人は次の人生で重荷を背負わなけれななりません。自殺以外の本人におち度がない早死には刑務所の刑期を短縮された模範囚なのです。心優しい人間ほど早く死ぬのはその為です。もちろん世の中どんなことにも例外があるので人徳の高い年寄りも当然いるし、若くして病死する虫ケラもいます。神のお考えは理解出来ませんから。以上、私の考え方です。>神がいるならばなぜ悪人の命を奪わず、善人の命を奪ったのでしょうか。結論からいうと誤解なのです。なぜなら神は限定的に悪魔の支配を許していてその影響からなのです。人も知らなかったり信じられなかったりします。その様な方たちは、天国という楽園で永遠に幸せに暮らすことになったのだから喜ばしい事なのだ、という解釈をしています。神は、人類の絶対的支配者としての最強の王です。虐げられた者、弱き者、救いを必要とする者の神は、強い神であるほど理想的です。救い主として神は苦しめてきた敵悪の力から救う力を持っていなければならないからです。弱い神では、敵悪の神に負けてしまいます。したがって、強い神をイメージすればするほど、自分たちが救われる確信が高まります。しかし、私を救ってくれる人類の絶対的支配者としての最強の王たる神は、同時に、私を支配する神でもあります。私の救いの希望のために無限に拡大してしまった神の力は、今度は、この私の生を支配する、絶対的支配者にもなってしまうわけです。私たちが、自らの無残な状態から解放してもらうために、解放者に多大の権力を預ける時、解放者と私の間の関係は、支配者と奴隷の関係に必然的に陥るのです。助けて下さる有りがたい教祖様は、信者が従わなければならない支配者に必ず化けるのです。「うちの親分は強いんだ」と外で威張ることの出来るチンピラほど、その親分に何も言えない奴隷なのです。国民が政府に依存すればするほど、政府は権力を委託されることになり、政府は<助ける者>から<支配する者>に必ず化けるのです。神様って、僕らと違うじゃん、僕らの外側の存在よね。だとしたら、僕らの理屈は通じないから、神様がなに考えてるかなんて想像するしかないわけよ、あくまでも想像だから、期待通りにはいかない。それは犬と飼い主の関係にちょっと似てる。美味しいご飯を目の前に置かれて、お座り!とか待て!とか、言うこと聞かなきゃ怒るし、地域によっては死んだら食うとか、犬にしてみりゃ理不尽きわまりないぞ。そもそも神が善なる存在だなどと誰が言ったのか?我々は神が作った巨大な飼育箱で飼われている昆虫に等しきもの、生殺与奪は神の意志であり神は善悪など関係なく気まぐれな存在。であるならば人は自分達の問題は自分達で解決するしかない、例え神が気まぐれでちょっかいを出そうとも。>でしょうか?理由はない>割り切るしかないのでは?うんにゃ>どのように思われますか?全体としてアホかと思う?o?補足>通じるでしょうか?通じる>お持ちなのかどうかだれでももってるよーん。あったりまえだよーん?ヽ^○^ノ●『何の関与もしていない』 アダムの罪は、神の助けは要らない! 独立の精神の表れも含まれていました。神は自由意思を尊重されるので、不完全な人間が今自由に自分達の意志で行動することを許しています。ですから、行動の結果である「良いこと」も「悪いこと」も独立を望んだから人間が自分達で責任を負わなければなりません。つまり何の関与もしない状態は、人間が自分達で問題に対処出来ることを示さなければならないことを望んだからなのです。逆に、神の創造者としての支配する権利を認め、神により頼む姿勢をみせる人には、答えることもある! ということです。神様に愛されたため、早く召されたともよく言われます。憎まれっ子世に憚る、というように、わるい人間は長くいきるようです。「人が人を裁いて命を奪うのはおかしい。神が裁くもの。」>キリスト教ほど神の名において人間を裁き処刑してきた宗教は他にありません。異端者や魔女の処刑魔女狩りさらに、ユダヤ人への繰り返された殺戮。キリスト教による殺戮 ホロコーストそれゆえ、今日、キリスト教団が「人が人を裁いて命を奪うのはおかしい。神が裁くもの。」というのは単なる偽善に見えます。神様が、「命」を取り上げまたソースは何処にありますか?何かあるから公言してるのですよね?人の命です。少し、人より早かったり、遅かったり、個人差故でしょう。興味無いなら、叩きたいだけなら、絡まないで頂きたい。>神がいるならば なぜ悪人の命を奪わず、善人の命を奪ったのでしょうか。何故神が命を奪ったと言えるのですか?理不尽を歎く君の気持ちも解らぬではないが。正しい人が汚名をきて罪に処せられる程悲惨なことはあるまいと。今の考えは全く別です。どうかそんな人になって見たい。世界総体を相手にしてハリツケにでもなってハリツケの上から下を見て此馬鹿野郎この馬鹿野郎と心のうちで軽蔑して死んで見たい。尤もっとも僕は臆病だから、本当のハリツケは少々恐れ入る。絞罪絞首刑位な所でいいなら進んで願ひたい。 以上夏目漱石明治三十九年七月二日付け高浜虚子宛の返信書簡よりソクラテスは刑死し、仏陀釈尊は殺されそうになり、キリストは冤罪で殺され、 達磨大師は毒殺され、マハトマ?ガンジ?は凶弾に倒れています。僕はソクラテス、お釈迦様、キリスト様、達磨大師、聖法然上人、親鸞聖人、日蓮聖人、弁栄聖者のように生きてみたいのです。キリスト教では自分のまいた種は自分が刈り取らねばならぬとされています。善くも悪くも良い種をまけと云うことです。種をまけば昼夜限らずどんどん成長し本人も知らぬ間に成長し善悪に限らぬ結果を受けます。さらに心優しい人が早く死ぬとは限りません。僕の知っているMは中一から意地悪で弱い者苛めばかりしていました。32歳で癌で亡くなっていますAは21歳で川で魚釣りをしていて亡くなっています。商品を勝手に自分のものとして店主もその不良振りが怖くて注意が出来ず、やくざ気取りで誰とでも喧嘩をしていました。二人とも、変態性欲の持ち主で可愛い女子生徒の体育のショ?トパンツを男子生徒にぶっけていたりしてもいました。”ある宗教”という形式のなかでは、不平等も理不尽もまことにもっともな理由がついて内容が正当化されるわけです。同じように、社会哲学でも心理分析でも血液型占いでも、それぞれたいへん納得できる理由付けは成されるわけで、他の形式からは矛盾となるわけです。かつてヨブが犯した唯一の過ちがまさにそれで、損得や人倫から神を問うという誤謬を考え方に取り込んでしまった。形式は同じ形式でしか語れないわけです。従って、熱心なキリスト教徒に尋ねれば、至極もっともな意見が聞かれるでしょうが、社会的意味や倫理観から問えば違った意見が出て当たり前ですね。私個人の意見としては、「存在する」という、これ以上分割できない意味そのものを賜ったわけですから、これは神に感謝して当然であり、それ以上のことは神に授かった存在そのもののチカラを自ら鋭意努力して使うべきで、神はもとより道徳も損得も人に押し付けてなどおりません。象もキリンもライオンも、それぞれの能力を惜しみなく使って生きているではないですか。さらに私見を述べれば、イエスはユダヤ教ベースの社会哲学者であっただけで、社会から迫害されるものについて「あなたは社会にいて良いのだ」と述べ伝えただけです。あとは宗教的、政治的、経済的、及び社会的な権限を持つ側の強制をもっともらしく理由付けしてキリスト教の銘を打っただけです。なので生死や貧富、運不運は、それぞれの努力工夫があったかどうかという、自己責任ではないでしょうか。忘れないでいただきたいのは、この世界自然は太古の昔から弱肉強食であるということ。そして、我々が問う平等や道徳観は、人間社会の形式のなかのお話だということです。マッチ売りの少女 × ポンプ売りの少女。優しい人?善き人から排斥?排除される。というのは、社会において悪魔の陰謀/つるはし ビジネス 計画が発動?作動?機能しているのですよ。日本では特に。日本人の底の浅さは群を抜いている。堕落者 増加 計画人類 滅亡 計画3S 政策人類 家畜化 計画少子高齢化自殺者の日本が最先端。●潮流?流行?価値観?社会情勢は作為的につくられるもの。自然発生的?成り行きで発生するものではなく。「堕落者?脱落者」は--自らの意志で堕落?脱落したのではなくーー堕落?脱落させられたのです。洗脳は、洗脳とは思わせないーーそれが洗脳なのです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーマッチ ポンプ = 《 つるはし ビジネス 》ダブルブーストアクション コントロール システムデュアルブーストアクション コントロール システムツインブーストアクション コントロール システムハイブリッドブーストアクション コントロール システムの 絶賛 発動中?作動中。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー堕落者?心身ともに不健康な者?金使いの荒い消費者?借金者?闇金業者を増やす → 自動的に、自爆者?自滅者?自殺者の増加?抵当権の譲度者?自己破産者が続出/ライバルも消え去る。ーー債権者?一部のエリート層は楽ができる。一部の人間だけが利益を得られるーーーーー裏で???経済ヤクザ???暴力団?マフィア?ギャング????が暗躍???芸能界も一部。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーマッチ売りの少女 × ポンプ売りの少女=自作自演 商売 ビジネスA市街でマッチを売り、B市街でポンプを売る。昼にポンプを売り、夜にマッチを売る。死の商人悪魔の商人武器 商人ツル ハシ 商人神が人を裁く、人が人を裁く、両方とも主語が違うだけで理不尽なのは変わらないと思うけど。法が社会を秩序付けるべき。神を批判する気持ちがあるならしたら良いと思う。質問を読む限り、それが本当のことなら嘆きや哀しみ、批判が無い方が不自然。人間の判断力と智恵は常に善良で正確だと思っているのでしょうか。あなたの善悪の判断基準がよく分かりません。世界中に冤罪と冤罪から死刑執行された誤審が大量に存在している有り様を承知でしょうか。20年前の和歌山カレー事件の林真須美さん。明らかに冤罪で誤った死刑判決を受けているではないですか。神って自然の摂理のことですから。自然が何故不自然なのか?って聞いても始まらないですよね。それと同じです。善悪に関しても、人間の主観的な観念と、自然の摂理としての実際とでは違うでしょうし、どれほど違うかすら分からないから、それこそ全知の神様にしか分からないと思うことに不当性はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です