2020年3月 有名な話で織田信長明智光秀の話明智光秀織

2020年3月 有名な話で織田信長明智光秀の話明智光秀織。戦国時代でも主君を殺害した例はさほど多くありません。戦国時代の家臣の裏切りついて質問

有名な話で織田信長明智光秀の話、明智光秀織田信長の首ってどうするつりだったのでょうか
ったてほかの家 臣タコ殴りされるだけじゃないか 道残った家臣着いてこない思うの

、戦国時代城制圧すれば勝ちみたいな所あったのでょうか

回答よろくお願います 本能寺の変②。明智光秀が織田信長に謀反を起こし。日本の歴史を大きく変えた本能寺の変。
その背景と全容を。大河ドラマ『麒麟がくる』に資料提供をご担当されて
いる小和田泰経先生が回に分けて解説します。第回は。今もなお本能寺の変。日本史上もっとも有名な事変「本能寺の変」。明智光秀に討たれた織田信長の
遺体はいまだ見つかっていない。なぜ? そしてどこにーー? 歴史学者?小和田泰
経氏が戦国時代の謎を掘り起こし。真相に迫っていく。

実は残虐で無慈悲だった明智光秀:日経ビジネス電子版。「本能寺の変」で主君。織田信長を討った“反逆者”のイメージが強い明智光秀。
の実際のところ。光秀はどういう人物だったのでしょうか?朝倉の家臣
と「連歌れんがの会」を催した話が伝承されています。有名な話で織田信長明智光秀の話明智光秀織田信長の首ってどうするつりだったのでょうかの画像をすべて見る。ラスト?メッセージ。信長の人生が幕を閉じる。年以上演じてきた信長が終わると思うと。僕自身も
興奮したし。同時に切なさも感じました。ただ。明智光秀という男と出会い。
彼が描きたかった未来を知り。それが転換期となり。やがて天下人としての素質
。覚悟。そういう意味では。これからの徳川家康の物語の第回が。『麒麟が
くる』の最終回だったと思っています。父?道三は。戦に送り出すような
気持ちで帰蝶を織田家に嫁がせましたし。その思いを帰蝶もくみ取っていたと
思います。

2020年3月。織田が破れれば次は美濃が餌食となる。その時はどうすると利政。そうであっ
たな。私は人質ゆえ。父上が裏切れば磔じゃと帰蝶。将軍家か。尾張の守護代
でも無い織田家のために動いてくれるかと信長。参考文献「明智光秀?秀満」
「明智光秀と本能寺の変」小和田哲男。「図説明智光秀」森祐之。「ここまで刀剣ワールド明智光秀。「明智光秀」は。「織田信長」から絶大な信頼を得て。低い身分から一国一城の
主へと出世した戦国武将。織田信長に忠誠を誓っていたはずの明智光秀は。「
本能寺の変」で織田信長を自害に追い込み。わずか日余りの天下を取りました
。小栗栖で明智光秀の首を取ったのは誰か。本能寺に織田信長を討った明智光秀も。墓が多い武将である。信長を討った謀叛
の武将でありながら。光秀に親しみを持つ者が多かったからであろう。 実は
それらの墓から。光秀の実像が見えてくる。しかしまた。謎も浮かび

明智光秀はなぜ織田信長を裏切ったのか。明智光秀あけちみつひでといえば。織田信長おだのぶながを討った謀叛
人としてのイメージが強い。しかし織田家に仕えて後。信長が最も有能な家臣
として期待していたのが光秀であったことは。あまり知られてい

戦国時代でも主君を殺害した例はさほど多くありません。多くの場合、主君は追放という形たとえば信長は足利義昭を殺害せず追放していますで追い払われるのです。光秀の場合、織田家や信長の力が衰えたわけではなくあくまでも奇襲で信長を殺害したわけですが、あくまでも実力で地位を奪ったわけではなく、殺害しただけです。今の日本で言えば自民党の有力政治家が安部首相を失脚させて首相の座を奪ったのではなく、ただ単に殺害しただけだと言えば分かりやすいでしょうか。そんな事で他の家臣がついてくる可能性はまずありません。それでは明智光秀にはどんな見通しがあったのかと言えば、光秀もその側近達も全員、すぐに死んでしまったので残念ながら永遠の謎としか言いようがありません。戦国時代では城はあくまでも防衛拠点に過ぎず、無数の城が攻防戦の舞台になっていますが、それだけで大名同士の戦いが決着するようなものではありません。戦国時代は基本力の強弱が主となります。武将は1つの組織の長です。軍隊ですから命令は絶対です。まとめれなければ武将は勤まりません。明智軍の配下は光秀に從います。信長が生きていても武将を飛び越えての命令は出来ません。武将を殺すしか有りません。信長が死ぬば武将に命令する人は居なくなります。武将は各自自分の損得を考えます。光秀を殺すか、味方するか、です。何方からも誘いがあります。態度を保留する手も有ります。結局信長の死を知った秀吉が即行動を起こします。信長のナンバー2の実力で、単独で光秀を攻撃します。信長の敵を撃てば、出世コースに有利で、天下を取れると思いました。信長の死と云う大事件で、迷う事なく決断しました。光秀に味方が現れない内に打ち取る作戦です。秀吉の先見の明と実力です。その後は歴史の示す通り天下を手に入れます。光秀にはそこ迄の野望も計画性も有りません。信長を殺すのが精一杯です。勝てる可能性は低いです。>どうするつもりだったのでしょうか?言い訳するつもりだったのではないでしょうか。「違う。これには訳が???」と朝廷工作を考えているうちに羽柴日秀吉が京都?山崎に到着。討ってでざるを得なくなり???というのが真相でしょうね。城には、武器?兵糧があるのでそこを押さえれば事実上勝利でしょうね。城から鎧一つで落ち延びる大将におそらく明日はないでしょう。裏切った人間のほうが正しいと思ったら家臣団の多くは裏切り者のほうに付く。例えば陶晴賢、宇喜多直家、津軽為信、長曽我部元親、鍋島直茂、朝倉孝景も結果としてそうやっておおきくなったし、武田晴信や北条氏綱、織田信長も裏切りを経験している。それでも勢力を拡大しているのだから、裏切ったものはタコ殴りに必ずしも遭う訳じゃないという証拠と言えるだろう。もちろんタコ殴りに遭って滅んだ勢力もあるわけだが細川や筒井といった近畿における有力武将を配下にするなど近畿に勢力を築き上げた明智光秀は恐らく全土はともかく近畿は自分に付いて来るといった目論見があったのだろう。しかし現実は細川や筒井は見放し、羽柴が丹羽と糾合して大軍となって攻めてきた。明智光秀にとって大誤算と言わざるをえまい>タコ殴りにされるだけそうとは限りません。江戸時代と違い、家臣にとって主君は絶対的な存在ではありません。考えの合わない主君を見限って、他の雇い主に鞍替えする、というのは日常茶飯事ですし、場合によっては主君に取って代わる、下剋上というのも多く行われました。だから、光秀の信長を倒した後の行動次第では、多くの家臣が光秀についた可能性はあります。ただ、秀吉が戻ってくるスピードが、常人の予想をはるかに超えた早さだったため、光秀が体制を整える時間を与えなかったのです。

  • Learn 自信を持ってこのことについては誰よりも良く知
  • お手すきの際には敬語 お時間ある方解答お願いしたいです
  • arorua 現在転職活動をしているのですが気になる会社
  • 昆虫判定機 この幼虫の名前わかりますか
  • チリ地震津波調査報告書 湾は東京湾とか大阪湾のような大き
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です